まじめなこと, 哲学, 日常

イチローについて

こんにちは。

イハラ音楽教室の伊原鉄朗です。

 

イチロー選手、引退してしまいましたね。

寂しいですが「平成」という時代が終わる感じがヒシヒシと感じます。

私は小学生だったかな、1995年?オールスターが横浜スタジアムで行われたときに、生イチローは一度見たことあるかなぁという程度ですが、

その後の本などを通じて考え方などは大いに影響を受けた気がします。

 

引退会見で改めて思ったのは、どの世界でも一流の方は、それぞれのスタンスや考え方、哲学がキチンとあるなと。

信念というか、前前回の「自分とは何者か」をガッチリと分かっていて、前を見てしっかりと貫いているんですよね。

イチローは「野球を愛すること」が変わらない信念だったと言っていますね。

でないと、大きなことは成し遂げられないかと思います。(まだなにも成し遂げていない自分が言うのもなんですが)

 

これでは締まらないので、自分が引っかかった言葉をあげてみます。

 

・好きなもの、熱中できるものを見つけると、壁に挑んでいける。

・人に喜んでもらえることが一番になったこと。

・自分の中の計りで、ちょっとずつ超えていく、後退するときもあるけど、地道に前に進む。

・成功という言葉は嫌い、どこからどこまでが成功なのかわからない。

・挑戦するのは勇気がいるが、できると思うからやるのではなく、やりたいと思ったらやればいい。

・辛いこと苦しいことの体験は、未来の自分にとって大きな支えになる。

 

どれも、人が生きていく上ではとても大切なメッセージだと思います。

特に若い方には何をするにしても、どれも必要で、これを考えて行動できれば、自分の道を全うできるのではないかなぁと思ってます。

ただたくさん打って上手いだけの選手だったら、記録には残るけれど、ここまで人気が長く続いたかと思うんですよね。

イチローには哲学があること、そして真面目なだけではなく、粋というかウィットに富んだ方なので、これだけの人を引き付けるのだなぁと、改めて思いました。

謙虚に奢らず地道に貫いていきたいと思います。

 

選手としてのイチローさん、長きに渡る闘い大変お疲れさまでした。

第二の人生を鈴木一朗さんとして、楽しんで頂きたく願っています。

「イチロー」の画像検索結果

イチロー引退会見(映像)→こちら

イチロー引退会見(全文)→こちら

 

イハラ音楽教室 伊原鉄朗

レッスンや演奏、その他のご相談はこちら↓

web:ihara-music.com/

✉:ihara.music.school@gmail.com

まじめなこと, 哲学

フレディに学ぶ「自分は何者か」について

こんにちは。

イハラ音楽教室の伊原鉄朗です。

今日のテーマは

自分とは何者か

です。

はい、とても深く難しいテーマです。

これは、とあるご年配の生徒さんが、「若い時にお寺の坊さんから、毎回会うたびに聞かれていて、毎回答えられなかった」ということと、

「これが答えられるようになったのは、60歳を過ぎてからだ」と伺って以降、毎日考えてみようと、未熟ながら思ったしだいで、

一人一人が生きている、生かされている意味、自分の使命、を考える良い言葉だと思ったので、シェアしたいと思います。

この結論は、人それぞれなので、私にはあなたの答えは出せません。

とにかく自分で考えてみてください(笑)

自分がやってきたこと、やっていきたいことの本質、そして更にその向こう側が見えてからでないと、答えるのが難しいと思います。

そしてこの答えは、今言えたとしても10年後、20年後には変わっている可能性があるんですが、そしたらそれは正解ではないんですよね。

自分にとって不変でなくては答えにならない。

人生はこれを探す旅なのかもしれません。

ちなみに私の今時点の答えは伝える表現者である、ということかな、とおぼろげながら思っています。

ギター、演奏、レッスン、イベント、なんであれ、何かを表現して誰かに伝えていくことが、自分の役割なのかなと、思っています。

まだこれは正解ではないかもしれませんが、今の伊原鉄朗(36)の答えです。

ちなみに映画「ボヘミアン・ラプソディ」で死を悟った

フレディ・マーキュリー(役ラミ・マレック)は

I decide who I am.
自分が何者かは自分で決める。
I’m going to be what I was born to be, a performer, to give the people what they want.
パフォーマーとして生まれたからには、それを成し遂げ、期待する人々を喜ばせる。
Go to the heavens, Freddie fucking Mercury.
そして、フレディ・マーキュリーは天国へ行くんだ。

と言っています。

参照サイト→自分が何者かは自分で決める!映画『ボヘミアン・ラプソディ』

死がそこに見えているからこそ、自分は人々を喜ばせるパフォーマーなのだと明確に自分は何者かに答えている姿に胸が熱くなりますね。

皆さんは自分は何者かに答えられますか?

わかったらぜひ教えてください。

それではまた!

P.S.若い人にはちょっと参考になるサイトがあったので紹介しておきます→「自分は何者か」を問い続けた人には勝てない

 

イハラ音楽教室 伊原鉄朗

レッスンや演奏、その他のご相談はこちら↓

web:ihara-music.com/

✉:ihara.music.school@gmail.com

まじめなこと, 音楽教室の作り方

音楽教室の作り方-その1‐場所選び

こんにちは。

イハラ音楽教室の伊原鉄朗です。

今回は前々回のブログに書きました、「自宅教室vs店舗型教室」より発展して、

実際に音楽教室を作って運営できるようになるまで

を、順を追って書いてみたいと思います。

投稿は気まぐれに飛び飛びになるかもしれないので、カテゴリーに「音楽教室の作り方」を作っておきます。

 

その1-場所を決めよう

まず、教室を実際に始めようと思い立ったら、どこでやるか、場所選びが最重要だと思います。

自宅でやるか、音楽OKな賃貸物件を借りるか、スタジオなどを借りて行うか、メインはこの3つのどれかになると思います。

自宅と店舗型のメリット・デメリットはこちらでご覧ください→「自宅教室vs店舗型教室」

 

どこでやるにしても、

どの駅、どの地域でやるかは重要なポイント

ですね。

 

大きいターミナル駅周辺であれば、人口も駅前に集まる人も多くなります。

ただその反面、家賃は必然的に高くなり、場所も空いているところが限られるかもしれません。

安いところは人気がない場所なので、立地が悪かったり、築年数が古くなにか問題が発生する可能性が高いです。

そして、同業種との競争も高くなるので、他にどんな教室が出店していて、レッスン料はどうなのか、どんな科目に力を入れているか、通っている生徒さんの年齢層はどうなのか、などのリサーチは必要だと思います。

 

逆にあまり人気のない駅は、人もまばらかもしれませんが、良い場所を家賃も安く借りられたり、他に競合が少ない分、今までやりたかったけど近くになくて出来なかった層が来る可能性もあります。

 

競争が高い地域を海に例えてビジネス用語では レッドオーシャン

競争相手が少ない、または競合がいない状態を ブルーオーシャン

 

と言います。

人気のない地域でもブルーオーシャンの方がこの地域の見込み生徒さんを独占できる可能性があるのは、言うまでもないですね。

 

特に独立開業する新参者は、老舗の大手に比べたら広告の資金力もホームページやチラシのデザイン力なども桁違いに弱いです。
(もちろん余裕があればデザイナーに頼めば綺麗にできますが、収入がない分、運転資金にとっておきましょう)

ドラクエで言うと独立開業したてはレベル1ですので、百戦錬磨のラスボスたちが乱立しているところに挑んでも勝ち目はありません。

だったら強い敵が少ない地域で地道にスライムを倒して、徐々に力を付けた方が、死ぬ確率は低く、身の丈にあっていますし、
レベルが上がってくれば徐々に強い敵と渡り合い、ラスボスたちとも対等に戦えるようになっていけるかもしれません。

 

あとは今まで自分が築いてきた

「場所的資産」「人的資産」を見直すこと

から場所のヒントが得られることがあります。

例えば

・実家の部屋が一部屋空いている。

・親戚の家が空き家になっており、使わせてもらえそうだ。(うちはこれでした)

・何人か教えている生徒さんがいる地域がある。

・知り合いや馴染みのお店が多い駅がある。

・母親のご近所付き合いで楽器やりたい人がいる。

などですね。

実は意外なところで、人との繋がりから需要が生まれたり、使える場所があるので、それをキャッチできると、場所選びの候補もしぼれてくると思います。

 

ということで、まとめ

 

・自分の力をきちんと判断して、場所選びをしましょう。

・自分の資産を棚卸しして、見直してみましょう。

 

ということを踏まえて、まずは「場所選び」からスタートすることをおすすめします。

 

実はこの内容、他業種でも独立開業を目指している方には当てはまりますので、参考にしてみてください。

ではまた!

 

イハラ音楽教室 伊原鉄朗

レッスンや演奏、その他のご相談はこちら↓

web:ihara-music.com/

✉:ihara.music.school@gmail.com

イベント, インフォメーション, コンサート

2019年春のイベント🌸

こんにちは。

イハラ音楽教室の伊原鉄朗です。

 

すっかりご無沙汰の投稿です。

年末からここ最近は子育てに追われ、なかなか作業できない日が続いておりましたが、節分を機に再開したいと思います👹

 

それでは2月~4月にかけてのイベントと演奏のご案内です。

 

ワイン×しゃべらん会 (ゲスト演奏)

2月9日(土)17:00~

@Cafeハートフルポート

参加費:¥3,000軽食付き(要予約)

市議会議員大岩さん主催によるワイン会にてゲスト演奏します!

私自身ワイン検定(まだブロンズクラス)を取ってしまうくらいのワイン好き、そこでの演奏が実現します!

もうひと方のゲストはワインバイヤー会社を経営されている三浦さん、ワインのこと色々聞きたいと思います🍷

ワインとともにしゃべる(しゃべらん会)で、色々な方と交流しましょう♫

 

第2回サンサンライブ

3月10日(日)13:00~15:00

@ジャズライブハウスCASK

入場料:¥1,000+別途ドリンク代

イハラ音楽教室のポピュラー系コースで学んでいる方を中心に、地域に開かれたライブイベントを行います🎸

下は5歳~上は80代まで、色んな世代の方が演奏します🎤

アフターに下記の「串カツ大臣」さんで打ち上げもあります🍻

演奏したい方は別途参加費必要ですので、ご連絡ください。

 

春の親子でリズム遊び

3月19日(火)10:00~11:00

@cafeハートフルポート

参加費:¥800(要予約)

未就学児とお母さんを対象に昨年毎月行っていたものを、シーズンに1本くらいの不定期ペースでやっていきます。

手遊びや音やリズムへの反応、ママのウクレレ体験など、親子で楽しめる内容です👶

アフターに実費ですがランチ会も行い、ママ同士の交流の場になってます🍴(パパもいると嬉しいのですが(笑))

うちも1歳の子を連れてやります!

 

だれでもかんたんウクレレ講座 inキボゼミ

@串カツ大臣

参加費:無料(要予約)

①3月21日(祝木)10:00~11:00

②3月29日(金)14:00~15:00

③4月2日(火)13:30~14:30

昨年好評だった1回完結型のウクレレ無料講座をキボゼミ(希望が丘商店街主催)にて行います。

だれでも本当にかんたんにウクレレって弾けるんですよ~というのを体験して頂けます。

おうちに古いウクレレが眠っている、実は楽器やってみたかった、などなど

年齢制限(3歳以上にしたいな)なし、経験不問、楽譜読めなくて全くOK!

この機会にぜひ、はじめの一歩を踏み出しましょう!

会場は希望が丘商店街の串カツ大臣さんをお借りします、終了後に飲んじゃいそうですね🍺

 

第4回シトラスコンサート

@横浜イギリス館

チケット:前売り¥3,000(当日¥3,500)

昨年よりギター演奏で参加した、オレンジシンガーズの皆様と、演奏を行います。

ギターコーナーあり、ソプラノ歌手コーナー、ピアノコーナーなど、1回のコンサートで色々な演奏が聴けるのはお得です🎹

フルートともピアソラやフォーレの曲などもコラボ予定です。

素敵な雰囲気のイギリス館でお待ちしております。

 

ひとまずここまで!

今年は新たな元号になったり、オリンピックに向けた活動が盛んになったりと、変革する時期ですね!

私もギターも人間性も生活も、もう一歩レベルアップしていきたいと思います♪

共に、色んな経験をして、楽しんでいきましょう🌸

 

イベント, インフォメーション

わくわくmamaフェスタ

今週9月29日(土)

旭区子育て支援拠点のひなたぼっこ主催
「わくわくmamaフェスタ」に出演します🎶

子育て中のママたちと
ひなたぼっこの皆さんで作る暖かいイベントです🌞

そういえば、、、
初開催だった昨年、私は妊娠7ヶ月でのステージ演奏でした。
体が重くて動きにくい部分を、周りのママやスタッフの方々がサポートしてくださり、とても心強かったのを覚えています。

今年は無事に産まれた7ヶ月の娘を連れて参加👶🏻✨
時が経つ早さを身に感じています。

ぜひ、少しのお時間でも遊びに来てみて下さい。
皆さんに「来て良かったな~」と感じてもらえるようなイベントになるよう頑張ります✌🏻

お問い合わせはひなたぼっこまで📞