まじめなこと, 哲学, 日常

イチローについて

こんにちは。

イハラ音楽教室の伊原鉄朗です。

 

イチロー選手、引退してしまいましたね。

寂しいですが「平成」という時代が終わる感じがヒシヒシと感じます。

私は小学生だったかな、1995年?オールスターが横浜スタジアムで行われたときに、生イチローは一度見たことあるかなぁという程度ですが、

その後の本などを通じて考え方などは大いに影響を受けた気がします。

 

引退会見で改めて思ったのは、どの世界でも一流の方は、それぞれのスタンスや考え方、哲学がキチンとあるなと。

信念というか、前前回の「自分とは何者か」をガッチリと分かっていて、前を見てしっかりと貫いているんですよね。

イチローは「野球を愛すること」が変わらない信念だったと言っていますね。

でないと、大きなことは成し遂げられないかと思います。(まだなにも成し遂げていない自分が言うのもなんですが)

 

これでは締まらないので、自分が引っかかった言葉をあげてみます。

 

・好きなもの、熱中できるものを見つけると、壁に挑んでいける。

・人に喜んでもらえることが一番になったこと。

・自分の中の計りで、ちょっとずつ超えていく、後退するときもあるけど、地道に前に進む。

・成功という言葉は嫌い、どこからどこまでが成功なのかわからない。

・挑戦するのは勇気がいるが、できると思うからやるのではなく、やりたいと思ったらやればいい。

・辛いこと苦しいことの体験は、未来の自分にとって大きな支えになる。

 

どれも、人が生きていく上ではとても大切なメッセージだと思います。

特に若い方には何をするにしても、どれも必要で、これを考えて行動できれば、自分の道を全うできるのではないかなぁと思ってます。

ただたくさん打って上手いだけの選手だったら、記録には残るけれど、ここまで人気が長く続いたかと思うんですよね。

イチローには哲学があること、そして真面目なだけではなく、粋というかウィットに富んだ方なので、これだけの人を引き付けるのだなぁと、改めて思いました。

謙虚に奢らず地道に貫いていきたいと思います。

 

選手としてのイチローさん、長きに渡る闘い大変お疲れさまでした。

第二の人生を鈴木一朗さんとして、楽しんで頂きたく願っています。

「イチロー」の画像検索結果

イチロー引退会見(映像)→こちら

イチロー引退会見(全文)→こちら

 

イハラ音楽教室 伊原鉄朗

レッスンや演奏、その他のご相談はこちら↓

web:ihara-music.com/

✉:ihara.music.school@gmail.com

まじめなこと, 日常

高齢の方がレッスンに通えなくなる時代

こんにちは、イハラ音楽教室の伊原鉄朗です。

昨日ウクレレをレッスンしている、70代後半男性の生徒さんからお電話があり

「レッスンの帰りにバスを間違えてしまって、来るのが怖くなったのでもう来ません」

と連絡がありました。

 

こちらからも出張レッスンなどの提案もしましたが、聞き入れてくれません。

原因が他にもあるのかもしれませんが、レッスン内容の不満や、やる気がなくなったではなく、

公共交通機関に一人で乗る自信がなくなった。

が第一の理由にショックを受けました。

これは、これからの大人の習い事の大きな課題かもしれません。

 

高齢者の不注意での事故が増え、免許返納の機運が高まっていますよね。

それと並行して、間違えるから公共交通機関に乗るのが怖いとなると、

外に出なくなるお年寄りが多くなり、自分のやりたいことができない。

外からの刺激が少なくなると、認知症のリスクが増える。

という悪循環になる可能性が多くはらんでいることを、とても身近に感じました。

そういう方が益々増えると医療費も増大しますよね。

そして私も40年後には体験することでもあると思います。

 

どっちに乗っても駅に向かえるわかりやすい循環バスや、高齢者が気軽に乗れる定額タクシーなどの整備が必要なのでは。

定額タクシーの記事は→こちら

またもっと大きなことで解決ができるのか、難しいかもしれませんが今後もそれぞれの地域で考えていく必要が出てくると思いました。

 

イハラ音楽教室 伊原鉄朗

レッスンや演奏、その他のご相談はこちら↓

web:ihara-music.com/

✉:ihara.music.school@gmail.com

イベント, まじめなこと, 日常

5W1Hでわかるイベントの作り方

こんにちは。イハラ音楽教室の伊原鉄朗です。

今日はざっくりとイベントの作り方を解説します。

 

私は演奏とレッスン以外にも、

・学生の定期演奏会の進行係を経験させてもらったり

・1000人規模の発表会やコンクールの長を10年間務めたり

・食事付きのセルフプロデュースのコンサート

・結婚式の二次会幹事

・生徒さんとのクリスマス会

 

いろんなイベントの企画をしてきました。

なので、

何かをやりたいけど出来ない(´;ω;`)

やり方がわからないヽ(`Д´)ノ!

という方の為に、ひとつ書いてみようと思います。

 

さて、イベントと言っても、コンサート、発表会から、

製品プレゼン会、異業種交流会、旅行の計画、明日の飲み会まで、

「誰かを集めて何かやる」ということですので、とても幅広いですよね。

 

ですが、イベントって、なんでもやり方はほぼ同じで、

大ホールの演奏会から小さな飲み会の企画まで、

同じノウハウがある程度通用します。

ポイントを抑えれば誰でもできますので、

これから何かを企だてたい方は、ぜひご一読してみてください。

 

 

今回、私は音楽教室をやってるので、🎼コンサートや発表会のこと、

 

そして身近な🍻飲み会を例として解説します。

 


一言でポイントを言うと学生のときに習った

「5W1H」の法則です!

(5W1Hがよくわからない方は、こちらで解説を見て下さいね。)

 

1.だれが(Who)

2.なにを(What)

3.いつ(When)

4.どこで(Where)

5.どのように(How)

 

 

やるのか。

そして、

6.なぜ(Why)

それをやるのか。

 

これらがクリアできれば、やれるようになってきます!

では順を追っていきましょう。


〇まず「だれが(Who)」「なにを(What)」やるのか。

これは分かりやすいと思います。

具体的にイベントをやっている姿をイメージできればそれが正解です。

 

🎼発表会であれば、生徒さんが演奏をする。

🎸コンサートであれば、自分が(もしくはゲストや別の演者が)演奏する。

🍻飲み会であれば、取引先と飲むか、同僚と飲むか、学生時代の友達と飲むか、

誰と一緒に食事をしたいのかで、次が決まってきやすいです。

 

この「だれが」「なにを」するかは、メインの参加者のスケジュールを事前に確認する必要がありますね。

そうすると「いつ」「どこで」にも少なからず影響があるからです。

せっかくホールとったのに、大多数の生徒さんが学校のイベントが被ってて出れない。

飲み会も時期が悪ければ、取引先の繁忙期でだれも来れない。

インフルエンザが流行してみんなドタキャン。

なんてこともあり得ます。

事前のリサーチや根回しは大事です。


〇次に「いつ(When)」「どこで(Where)」やるかが重要です。

日時と場所が決まっていないものに、だれも呼べやしません(笑)

イベントを開催する日時、そして会場を決めましょう。

 

🎼発表会なら日曜が圧倒的に参加率が高くなります。その次に土曜、祝日の順です。

🎸コンサートも土日が比較的人気高いですが、来ていただく層によって、平日の方がよかったり、会場が取りやすかったりします。

大抵市や区が持っている大ホールは1年〜1年半前中小ホールは6ヶ月前に抽選が基本です。

もっと小さな会場であれば3ヵ月前くらいでも大丈夫です。

🍻飲み会であっても日取りと場所選びは肝心ですね。

最近は日程調整アプリが、LINEや無料のサイトであったりするので便利ですね。

週末や年末はみんな飲みたいので人気が高く、場所によって早めに埋まってしまいます。

早めに会場の候補を絞り予約をしましょう。

 

呼びたい人数や会の趣旨に応じて、会場のキャパや雰囲気、立地なども検討しましょう。

100人がお客様で来る予定のコンサートに、1000人の会場は閑散としてしまいます。

また逆も然りで、100名予定に、50名の会場も入場できずお客様をお断りしてしまいます。

予定より少し多めのキャパを選ぶと良いですね。

 

雰囲気も会の成否で重要な要素です。

取引先との大事な接待なのに、近所のファミレスでは、招待された側はどう思うかですね。

呼びたい方の会社や自宅、駅からの距離、何が好きなのか、そして話しやすい雰囲気、などを考えると良いと思います。

 

日程が決まれば場所も決まってきます。

また逆にこの場所でやりたい、となれば空いてる日程を探すということも可能です。

「いつ」「どこで」はセットで考え、きちんと予約する。

予約してあるかの確認までする。

もしその日時に会場が取れてなかったら全てリセットの一大事です。

 

そして参加者に間違えずに周知する(ここ大事)ことです。

予約した日時(特に日付と曜日のずれ、午前午後も含め)を間違えて送信したりしないよう確認する。

ミスしてしまったのを気付いたらすぐさま訂正しましょう。

印刷物は刷ってしまったら取り返しがつかないので、厳重に日時、場所はチェックです。

紛らわしい店名やわかりにくい場所は、説明や地図を入れる。

会場の住所や緊急時の連絡先などを入れるひと手間が、さりげない気遣いになります。


「どのように(How)」は収支や宣伝、内容を考えましょう。

ここまで来ればもう一息、ですが実はここが一番時間がかかるのと、検討や連絡事項が多いところです。

 

🎼発表会の場合、参加費をいただいて、お客様を無料にするのか、参加費分をチケット代としてペイできるようにするのか。

ちゃんと終演時刻に間に合うか、進行表を作るのか。

スタッフと打ち合わせがきちんとなされているか。

🎸コンサートであれば、ホール代やチケット、チラシ代にいくらかかって、どれだけ収益を上げたいのか。

またゲストを呼ぶのか、出演料をいくらにするのか、

それを踏まえてチケット代はいくらにするのか、プログラムは作るのか、それに広告を募集するのか、宣伝はチラシなのかネットなのかSNSなのか。

🍻飲み会であれば、会費は、コース付きか、飲み放題か、席のみか。

余興はやるか、かしこまった会は招待状は必要か、店側との打ち合わせは、などになりますね。

 

当日までに色々なことを決めていかなければなりません。

しかしここは企画者の腕の見せ所になります。

もちろん経験でどの程度の引き出しがあるかも大事ですし、同じような会を経験した方に聞いたり、主要な参加者と相談しても良いところです。

しかし、そのイベントが活きるか死ぬかは、ここにとことん情熱をかけられたかで、成否が大きく分かれます。

 

 

実はイベントは「生き物」なのです。

どれだけ手間暇を惜しまず、この会に愛情を注いで育ててきたか、イベントを見ればすぐにわかります。

そして、心血注いで出来上がったものは、時間とともにすぐに過ぎ消え去るのですが、情熱をもって作りこんだイベントは必ず誰かの心の中ずっと残るんですね。

「なんかつまんなかった」「もう行きたくないな」より、

「あの会楽しかったよね」「またやってくれないかな」

にしていくのが、企画者の務めであり、大変だけど楽しいところだと思います。


〇最後に「なぜ(Why)」です。

見落とされがちですが、ここにイベントを成功できるかの重要な「カギ」が落ちてます。

何のために、そのイベントをやるのですか?

という大前提の趣旨が欠落していると、背骨のない人間、大黒柱のない家になってしまいます。

逆にそこさえしっかり持っていれば、それに沿っていければあとは何をしようが良いのです。

 

🎼発表会なら「生徒さんに最高のステージで弾いてもらおう」とか「演奏技術の向上を一番に考えよう」とか「横の繋がりを強化したい」とか。

🎸コンサートなら「自分の最高のパフォーマンスを楽しんでもらう」とか「一人でも多くのお客さんにこの演奏者を聴いてもらいたい」とか。

🍻飲み会なら「取引先との大事な接待だから大いに楽しんでもらおう」とか「部下との飲みにケーションをして業務を円滑にしよう」とか「同期会で久々に会った昔の仲間と近況を話そう」とか。

 

なんでも良いので、その会の「目的」を考える、そしてそれが達成されれば、

多少収支が赤字でも、お客さん(参加者)が少なくても、店選びに失敗しても、

実は半分は成功なのです!

もちろん黒字で満員(盛り上がるの)が理想なんですがね(笑)

 

100点を目指すと何もできなくなってしまうので、

次への反省が残る80点を目指し、70点取れたら合格です!

そして、残りの20~30点は次の企画への反省点として必ず活かし、

どんどんクオリティの高いイベントを目指せたら、イベントマスターになれますよ👌


まとめ

イベント企画をするときには5W1Hを相互に考えて、情熱を持って企だてましょう!

そして、その会は「何のために」計画するのか、そこを落とさないようにすれば大丈夫です。

私もこれからイベントを行うときに、自分で書いておきながらこれらを気を付けていきたいと思います。

そして、イベントに関してはまだまだ経験してきたことがたくさんあるので、また書くかもしれません。

好きなんで(笑)

最近思うのは、人が集まると「化学反応」が起きるのがイベントの醍醐味かと思うんです。

今まで生まれなかった何かが、人と人とが接すると、知らないところで、別のものが生まれることがあります。

そして面白いことに

人間の本性も、イベントによって引き出されることがあり、自分も試されます。

ぜひ何かを企画して、それを体感してみてくださいね!

それではまた!

 

イハラ音楽教室 代表 伊原鉄朗

レッスンや演奏、その他のご相談はこちら↓

web:ihara-music.com/

✉:ihara.music.school@gmail.com

 

まじめなこと, 日常, 音楽教室の作り方

自宅教室 VS 店舗型教室

こんにちは。

イハラ音楽教室の伊原鉄朗です。

今回はブログっぽいこと書きます。

 

皆様のお陰様を持ちまして、次の5月でイハラ音楽教室は3周年となります。(たぶんあと3か月では潰れないでしょう…たぶん)

これもいつも応援して頂いている方々、生徒さんになって頂いた方々、演奏依頼をして頂いた方々、コンサートに来て頂いた方々、地域で繋がって頂いた方々、これまで私を成長し支えてくれた家族・友人・先輩方…

本当に多くの方の支えでやってこれたことに、感謝しております。

 

高校生でギターを始めてから20年、音楽(ギター)を仕事にしようと思いたち、今教えているこの家でギターを教わってたこともあります。

そして、この希望が丘(厳密にはさちが丘ですが)の地に来て4年、開業して3年、色々ありましたが、この地でやるべきこと、やりたいこと、次のステップが少しづつ見えてきた気がします。

その一環で、今年の目標は「誰かを応援すること」と「リズムよく生きたい」ということに焦点を当てたいなと思っています。

目標の詳細はまたにして

 

さて「応援」という意味で、これから音楽教室を独立開業したい、けどどうしたら良いかわからない方への「応援」のために、

10年間「店舗型音楽教室」に勤め、独立して3年間「自宅音楽教室」でやってきたメリットとデメリット

をお伝えしたいと思います。

会って直接指導するリアルレッスンはこのどちらかか、生徒さん宅もしくは公民館やスタジオなどを借りる出張レッスンになると思います。

(出張レッスンは今回は省きますね。ネットや動画のオンラインレッスンも今回は除外します。)

どちらも長所短所がありますので、どちらを選択するかよく考えてから独立することをお勧めします。

 

それではいきましょう


自宅教室のメリット

・家賃がかからない

・通勤時間がゼロ

・初期投資が少ない

・寝れる、風呂に入れる

・外からの目を気にしなくていい

・外出が容易に出来る

・アットホームな雰囲気

・ママが乳幼児を連れて来れる

・地域との繋がりが濃くなる

・子育てしながらが可能(今年度はまさに)

 

まず一番のメリットはお金の面ですね。

はじめはある程度自己資金で行いたい方は、固定費と初期投資が少なくて済むのは一番大きいところです。

3畳ほどのスペースと椅子、譜面台、貸し楽器があればスタートすることが可能です。

支出が少ない分、レッスンを割安にできたり、生徒さんに還元出来たりします。うちでは家賃がかからない分、時間単位では駅前教室より安く設定しています。

時間の面も、職場が家なので、無駄な通勤時間や疲れたら昼寝できたり、夏にシャワー入りたければ出来るという面は助かります。

あとは、家庭的な雰囲気はあるので、ママが下の子を連れてきやすかったり、そこからまた紹介に繋がるところは嬉しい点です。

 

では、苦労した点です。


自宅教室のデメリット

・生活と仕事場の切離しが難しい

・家族の理解が必要、レッスン部屋の確保

・住宅地だと道に人が少ない

・場所の説明がしにくい

・隣近所への音の気遣いが必要

・人の家なので新規の人は気軽に入りづらい

・他人となる新たな先生を雇いにくい

・レッスン部屋を増やすのが難しい

・待合スペースが確保しにくい

 

職場が家なので、生活感をなるべく見えないようにするのは難しいところです。

また生徒さんとはいえ、他人が毎日家の敷居をまたぐので、家族への理解は必須です。

住宅地で行う方は、近隣とのコミュニケーションはすると良いと思います、うちは始める前にあいさつ回りし、そこから入学された方もいました。

場所がわかりにくかったり、宣伝面が弱いことで、特に初めのうちは、なかなか問い合わせがなく苦労しました。本当に集まるのか、精神的にタフでないと不安でたまらなくなるところです。

生徒さんが増えた場合や前後が詰まってると、部屋の都合をつけるのも大変ですね。

 

では反対に


店舗型教室のメリット

・教室自体が広告塔

・場所が説明しやすい

・人は常に歩いている

・商店会などと繋がりやすい

・公私の区別がはっきりできる

・簡単なイベントはやりやすい

 

一番は宣伝面の恩恵を受けやすいと思います。駅に近ければ近いほど、人は四方から来るので、場所をきちんと選べば存在を知ってもらいやすくなります。

職場が完全に家と別なので、生活感は出にくいです。(そこで寝泊まりすれば別ですが)

広い1ルーム等であれば仕切れば部屋も増やすことが可能ですし、イベントなどもやりやすいかと思いますね。

一度、塾の隣の教室だった時は、バンド練習があると苦情がしょっちゅうありました。場所により音への気遣いや防音対策は自宅と同じく必要かもです。


店舗型教室のデメリット

・家賃がかかる、そして駅前は高い

・外からの目を常に気を配る

・治安の悪いところは空き巣の心配

・通勤時間がかかる

・一人だと外出しにくい

・靴のところは乳幼児連れて来にくい

 

やはり固定費がかさむところが、一番つらいところだと思います。

借りていると他人に渡った家賃は消えていくのみです。その分レッスン料を上げるか、生徒さんをより獲得しなければなりません。同業者との競争も多いと思います。

繁華街だと空き巣や酔っ払いが入ってくる心配もあります。勤めていたときに実際に入られたこともあります。

外から見えるところだと、常に気を配る必要がありますし、誰かいないと外出もしにくいかと思います。

家から近ければ良いですが、遠いと通勤する時間がかかります。

 

ということで、思いつく限り書いてみました。


まとめ

資金面と宣伝面のバランス、生活とレッスンのバランス、どちらが自分の目指したい形に近いかで、決められると良いかと思います。

自宅教室は、自宅にレッスンに使える部屋の環境がないと厳しい面もありますし、店舗を借りるとなると多額の資金が必要になるので、初期投資と運転資金を国から借りる(日本政策金融公庫)という手もあると思います。

あと生活費は、一年間、生徒さんが0人でも食えなくならないくらいの分の確保は必要かと思います。

でないと、生活が立ちいかなくなる可能性があるので、どれくらいかはそれぞれ違うと思いますが、ある程度余裕のある貯金は準備しておくと良いですね。

潰れる事業というのは、お金の支払いが滞った時点で廃業します。勢いよく始めはしたけど、続けることが難しいと思っています。「経営」とは、事業を営み、時を経ることですね。

私も常に気を引き締めていこうと思います。

 

この二つとは別に、スタジオなどを借りてレッスンされている方も多くいらっしゃいますね。

私はそれをメインでやったことがないので、多くは伝えられませんが、手軽に始める一つの手かと思います。

生徒さんが多くなってきたら店舗を借りるなどしても良いかもしれません。

 

以上、とても長くなりましたが、今までやってきた経験を踏まえ、書いてみました。

色々考えすぎて動けなくなることも良くないので、しっかり考え準備した上で、「えい」っとスタートするしかないかもしれません。

何か私がお手伝いできることがありましたら「応援」します(資金援助は今はまだ出来ないかもしれませんが(笑))ので、聞いてみたいことがありましたらお気軽にご連絡ください。

 

イハラ音楽教室 代表 伊原鉄朗

レッスンや演奏、その他のご相談はこちら↓

web:ihara-music.com/

✉:ihara.music.school@gmail.com

インフォメーション, 日常

相鉄瓦版 6月号

こんにちは。

イハラ音楽教室の伊原鉄朗です。

 

いつもお世話になっている、希望が丘のおうちカフェ

「ハートフル・ポート」と

オーナー店主の「五味真紀」さんが、

相鉄線各駅で無料で配布されている「相鉄瓦版」の特集で取材されました!

 

そして、私も演奏や記事内に載せていただきました。

(写真は小さくて見えないかも)

 

記事は⬇︎に貼り付けておきますが、

見にくいようでしたら⬆︎かこちらの「相鉄瓦版」リンクからでも、デジタルブック版で全部をご覧いただけます!

^